NANSEI ANIMAL HOSPITAL

なんせい動物病院・動物CTセンター

〒901-2126
沖縄県浦添市宮城4-1-7

TEL: 098-988-8012



コラム

(6)ブルドックの眼の話

「ブルドックの眼の内側から、何か赤いものが出ている」という問い合わせを頂きました。
もしやと思いましたが、まさに予想的中です。

「第三眼瞼突出=瞬膜突出=チェリーアイ」です。

獣医師の立場から言えば、少し胃が痛くなります。

その理由はブルドックという犬種です。不安要素は、麻酔の管理と第三眼瞼にある軟骨の変形です。
一般的な犬種に比べ、ブルドックをはじめとする短頭種(=鼻ペチャ犬)は、色々な面で気をつけなければなりません。

今回の手術も、第三眼瞼の軟骨に変形がみられ、他のワンちゃんの手術より多く手間がかかりました。