NANSEI ANIMAL HOSPITAL

なんせい動物病院・動物CTセンター

〒901-2126
沖縄県浦添市宮城4-1-7

TEL: 098-988-8012



コラム

(21)股関節脱臼

股関節脱臼は、外傷で起こる場合と股関節の病気で起こる場合があります。

外傷で多いのは交通事故です。股関節の病気で多いのは股関節形成不全です。

今回は柴犬が自宅で子供と遊んでいるさいに起こった股関節脱臼を紹介します。

いつものように自宅でじゃれ合っている時、子供が足に乗ってしまったみたいです。

レントゲン撮影を行ったところ、左の股関節が脱臼していることが分かりました。

股関節脱臼を治療する方法は非観血的整復(脱臼した関節を元に戻し、テーピングで固定する)と観血的整復(手術をして固定する)があります。

手術にはピン固定、創外固定、関節包再建、骨頭切除、人工関節などがあります。

今回はX線透視を見ながら、ピン固定を行いました。

術後のレントゲンです。

抜ピン後のレントゲンです。この手術の良い所は術後に筋肉量があまり落ちないところです。

股関節形成不全を伴う股関節脱臼は大腿骨頭切除を行う場合もあります。

<手術前>

<手術後>